意外と難しい遺品整理!失敗しないための遺品整理のポイントを分かりやすく解説

近年の日本は核家族が主流となっているので、親と子供で別々に暮らしている場合が殆どです。
ですから突然家族の誰かが亡くなられた時には、その亡くなられた方の遺品の整理が追い付かないことも多々あります。
また重要な書類などをどこに仕舞っているのかがわからずに、遺品整理をする際に困ることもあるでしょう。
そのような際に失敗しないための整理のポイントを抑えて、しっかりと対応できるだけの知識を勉強していきましょう。

意外と難しい遺品整理!失敗しないための遺品整理のポイントを分かりやすく解説

大切な親族が亡くなった際には非常に悲しいものですが、その悲しみに浸ること無くやらなければならないのが遺品整理です。
まず遺品整理をする際にポイントとなるのが、単なる引っ越しと違うという点です。
引っ越しは持っていくものといらないものだけにわけますが、遺品整理は相続が必要なもの・形見・家財・廃棄に分けます。
また貴重品を探す事も大切です。
捨てるかどうか迷ったら、とりあえず取っておいた方が無難です。
中でも相続が必要な物については、スピーディーな対応が必要です。

遺品整理のよくある後悔を確認しておこう

遺品整理はポイントを押さえた上で取り掛からないと、作業がスムーズに進まないとともに、様々な後悔につながる恐れがあるので注意が必要です。
遺品整理でよくある失敗としてまず挙げられるのは、貴重品を処分してしまうことです。
金庫などの中に保管されていた貴重品であれば、うっかり処分してしまう可能性は低いですが、タンスやカバンなどにしまってあった貴重品は誤って処分してしまう可能性があります。
そのため、手間がかかったとしても、不用品を処分する際は貴重品が隠されていないか入念に確認することが大切です。
また、貴重品だけでなくレンタル品を処分してしまうのも比較的多い失敗です。
例えば、インターネットのプロバイダからレンタルしているルーターやレンタルDVDなどを処分してしまうと余計な費用がかかってしまう可能性が高いので注意しましょう。
さらに、金庫などのカギやリモコンを処分してしまって後悔するケースもよくあるので、何に使うかよく分からないものが出てきた場合は、とりあえず取っておき後から判断することをおすすめします。

失敗しないための遺品整理のコツとは?

遺品整理をする際に失敗しない為のコツは、一気に片付けようとしない事です。
仕事や用事の休みに時間を作って整理をする人が多く、その日の内に済ませておきたいと思う気持ちは大事ですが、形見として残したい物や、これから相続で必要となる書類などをしっかりと仕分ける事が大切です。
勢いで捨ててしまうと、後々に残しておけばよかったと思う物がある場合があります。
遺品整理の際には仕分けからスタートさせる事によって、スムーズに整理が可能となりオススメです。
仕分けを済ませた後は、不要な日用品や洋服などから少しずつ捨てて部屋の中をスッキリさせていくと良いでしょう。
洋服はまとめて捨てるのも良いですが、状態次第ではリサイクルショップに持ち込むのも良い方法です。
悩む遺品がある際には、無理に破棄をせずに残しておきましょう。
捨てるのはいつでも可能なので、自分の気持ちがハッキリ決まるまで残す事が遺品整理で失敗しないコツの一つです。

遺品整理と断捨離の違いを詳しく解説

遺品整理は亡くなった方が所有していた物を片付けることです。
不用品として処分したり、買い取りに出したりします。
引き取りたい、欲しいという方で分配することもあります。
遺品整理が目指すのは、残された物品をなんらかの方法でなくしてしまうことです。
断捨離と似ているように見えますが大きく異なります。
遺品整理との違いはどこにあるでしょうか。
断捨離は所有者が日常生活の中で行うことであり整理整頓の一環と言えます。
不用品や使用していない物を処分します。
いつかは使うかもしれないと、取っておいたものも潔く処分することで、手持ちの物を減らすことが目的です。
家の中がスッキリと片付き、管理をしやすくなることで気分もよくなるため、昨今人気の片付け方法になっています。
中には極端になってほぼ全ての物を処分する人もいるほどです。
しばらく後になって捨てなければ良かったと後悔することもあるので、よく考えて処分しなければいけません。

遺品整理には相続問題も関係してくるので注意が必要

大切な家族や親族が亡くなった後には、遺品整理を行う必要がありますが、実は遺品整理には相続問題も大きく関係してくることから、十分な注意が必要です。
故人と血縁関係にあった、また先生に親しい間柄だったからと言いむやみに遺品に触れてしまった場合には、正式に引き継ぐ人がしなければならない財産の処遇、また関係そのものを不安定にする可能性があるため、これにより混乱が生じる可能性も大いに考えられます。
一番は引き継ぐ者が主となり遺品の整理を行うのが一般的ですが、一番注意しなければならないのが、相続するのかしないのかを決断する前に遺品整理をしてしまうことです。
場合によっては負債になるマイナスの財産がある場合には、これらを拒否することが可能です。
緊急的なケースを除き、拒否をした場合には原則として遺品整理をすることができないというルールも持ち合わせています。
ただ部屋の整理や片付けのように思える作業かもしれませんが、整理整頓をする、処分するなどの作業は所有権を引き継いでる場合のみしかできないため十分に注意しましょう。

著者:並川忍

筆者プロフィール

長野県松本市出身。
昨年母を亡くし遺品整理を経験。
その時経験したことをもとに遺品整理に関する情報を発信しています。
長野県で遺品整理をするならここ!